fc2ブログ

Article

        

不倫発覚の日④ 嫁への事実確認

2018/ 09/ 19
                 
妻が不倫・不貞
同意なき子供連れ去り別居
面会交流 拒否

まぁ~書けば書くほど 鬼畜な妻で
地獄に落とされた素もももです。
こんばんは

【本文】
私 『しょうがなかったって なにがしょうがないの?』

妻 「東京からここに引っ越してすぐ 素ももも仕事忙しかったでしょ?
  当時私はここでの生活が嫌だったの(涙)
  友達も知り合いも親せきもいないし
  東京に行くたびに泣いていたわ」


私心 (その理論でいくと 転勤家族はみんな家庭崩壊だな お前が弱すぎるだけ)

私 『だからって不倫をしていい理由にはならないよね?』

妻 「どうしようもなかったの 誰にも相談できなくて
  私は彼に救ってもらったと思っている。」

私 『別に相談なら誰でもよかったじゃん 元彼氏なんてむしろ論外
  もっと言えば異性である必要もなく 同性の方が好ましい。』

妻 「でも どうしようもなかったの あの時は
  何度もやめようと思ったけど やめられなかった」

私 『ばれたときに こうなるって少しも想像しなかったの?』
妻 「4年前に喧嘩したときに 他に女作ってもいいから
  もう私に女を求めないで?って言ったし
  その時から夫婦関係は終わってると思ってたし
  レスだったから こんなに怒っていることが不思議な感じ」

私 『おまえっ それ・・・・ 子供保育園にあずけて
  自分は会社休んで実家近くまで行って元彼に股開いてるのに
  レスとか関係なくね?怒るのが普通だと思うよ。』

妻 「どうしようもできなかったの 夫婦関係終わってたじゃない?」
私 『確かに言われたよ 女を求めないでくれって
  でもそのあと俺はこういったよね?
  俺は女なんて作らないし お金使ってそういう場所行くのも好きじゃない!
  お前が他の男に抱かれてるのも嫌だし どうせ俺はいかないけど
  前提としてはお互いプロだけにしよう。って忘れたの?』

妻 「確かにそういってたけど あれは素もももに対して言った言葉で
  私がこうなるだなんて思ってなかった。」


私心 (俺はないでもないな むしろ結構 ありそうだと思ってたけどね)

この日までは思うところはあったが心にしまっていたし
今も自分の親にしか話してないが
私はかねてより 妻あるいはその地元の貞操観念の緩さに気を揉んでいた。
 ※詳細は長くなるので別の記事で後日記載する。
   
私 『相手の住所は?』
妻 「わからない」
私 『相手の仕事場は?』
妻 「わからない」
私 『これ以上話しても 無駄そうだね 君はどうしたいの?』
妻 「わからない」
私 『俺は 親権もらえるんなら 離婚でかまわない。
  相手からも慰謝料欲しいし お前からももらう
  相手に連絡するよいいね?』



妻は黙っている。

私はFACEBOOKに記載されている元彼に電話をかけた。

妻 「こんな時間に出ないと思うよ 寝てると思う。」

時刻は 22:30分頃だったと思う。

結構長めのコールの後
奴が電話にでた。

今日はここまで
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント