fc2ブログ

Article

        

監護権指定 子の引き渡し 面会交流 ②

2019/ 02/ 13
                 
相手のほうの話を聞いた後
二回目の私の番になりました。

弁護士先生も到着して
ある程度一回目に何を話したかは
待合室で話しました。

調停員
「先ほどもお話ししましたが 面会交流をまずは優先します。」
「代理人も到着しましたが 監護権指定は取り下げない方向でいいですか?」
先生
「監護権と面会交流の性質が異なるのはわかります。」
「もともと監護権を含む子の引き渡しで調停はたてました。」
「面会交流も短い時間ではありましたが1回目が行われました。」
「その後相手側が急に 調停で決めないと面会交流はさせないと
 言い出したのであとから面会交流は付け加えた感じです。」
「なので監護権を取り下げるつもりはございません。」
「とはいえこの先一番近い現実的な日にちで面会交流が行われるとしても
 4か月以上の日にちがたつことは明白なのでできるだけ急ぎ実施したく思います。」
調停員
「いつ頃がよろしいですか?」
『来週 再来週は予定が入ってしまっているので3/2か3/9で
  長い時間できれば私の家で遊ぶ時間があるように
  丸一日ないしはお泊りでお願いしたいと思います。』
調停員・調査員
「いきなり長い時間っていうのは難しいと思いますのでまずは短い時間から」
『月1で行われてて徐々に伸びている段階ならそれもわかります。』
『100日以上もあわせてもらえていなくて短い時間からって
 今までの分もあわせてきちんとお時間が欲しいです。』
『まぁ~だめだっていうんなら従いますけどね 直近のものだけは』
調停員・調査員
「なにかお子さんたちのことで知りたいことはございますか?」
『一度だけ行われた面会交流の際に息子が保育園に通っていると聞きました。』
『保育園に通うことが悪いことだとは思ってないということ前提で
 なぜ養育補助のある実家での生活で子供を保育園に入れる必要があるのでしょうか?』
『子の引き渡しが通ったとしたら私の家では幼稚園に通わせても
 保育園や学童に入れるような事はございません。』
『私たち夫婦の事で子供たちに辛い思いをさせてしまっているのに
 子どもたちと出来るだけ長くいてあげようという気持ちがないのでしょうか?』
『息子は保育園が嫌いでした。泣かないで行けるように私と男と男の約束で
 双六を作り泣かなかったら一歩進めてゴール出来るたびに300円ぐらいの
 おもちゃを買ってあげることをしてやっと泣かないで行けるようになりました。』
『なのに・・・なぜ・・・・・?』
調停員・調査員
「聞いておきます。」

なんなんでしょうかね・・・・・
調停員も調査員もどっちも明らかに
向こう贔屓な感じがします。

これだから日本の司法はだめなんだよ。
過去の判例 
過去の事例ばっかりこだわりやがって
自分の意見をもてないんですかね?
こんなんで税金から支払われる
給与もらってるかと思うと
まじで嫌になってくる。

450-20170609191733.jpg 
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

素ももも様、こんばんは。
帰りの電車内で、ブログを拝見しています。大変でしたね。
でも、きちんと言いたいことをを言っていて、(変ですけど)よかったなぁと思いました。

婚姻破綻の理由を、夫側に問題があると見る人が多いですよね。男性差別です。
奥様のほうに原因があるということをしっかり分かれよ、と、何だかムカムカしてしまいましたよ。

ゴネコさんへ
そっか 婚姻関係の破綻原因まで
調停員が見てない可能性も有るのですね・・・・